2.21 干渉防止

>

干渉防止

2.4GHz帯全域に干渉がある場合、下記のように表示されます。この例では、2.4GHzでクリアなチャンネルがありません。全体的に赤い部分(ノイズフロアや連続通信状

)が多く、2.4GHzがとても混雑しています。このような状態では低スピードかつ正常な通信ができません。快適なスピードを実現するために5GHzを使用することをお勧めします。

Step #1 デフォルト画面でヒートマップが現れます。

Step #2  この表示で、ディケイ(時間とともに減少する表示)も使うことができます。

ディケイ表示を使うと時間とともに変化する電波状態を確認できます。

メニューバーの左下にある表示情報設定でディケイを有効化できます。

Step #3 左上端の(+)サインを押してチャンネルガイドを開きます。そしていずれかのボックスを押して、チャンネルアクティビティをハイライトします。チャンネル13がハイライトされます。

By