2.1.1 ② 表示情報設定 メニュー

>

表示情報設定 メニューは表示するグラフやリストの種類(REAL WAVE:スペクトラムグラフ、ウォータフォールグラフ、アクセスポイント利用率一覧、等)の選択、表示方法の選択を行います。Wipry5xでは計測周波数帯、アクセスポイント情報スキャンの更新間隔など指定ができます。

Wipry表示情報設定メニュー

項番menuメニュー名内容備考
FREQUENCY計測周波数選択2.4GHz/5GHzを選択します。<Wipry5xのみ選択可能。Wipry-proは2.4GHz固定>
MODEグラフ種別選択REAL WAVE:スペクトラムグラフ
 周波数別の信号レベルを表示するグラフ。
 横軸が周波数、縦軸が電波強度を示し、電波強度の分布を表します 。
WATERFALL:ウォータフォールグラフ
 周波数別の信号レベルを時系列に並べたグラフ。
 横軸が周波数、縦軸が時間を示します。
 電波強度は色で表します。
SSIDアクセスポイント表示選択アクセスポイントの情報をグラフに表示/非表示を選択します。アクセスポイントの情報は、SSID、周波数チャネルと占有周波数帯幅です。TABLEを選択すると、アクセスポイント一覧を表示します。
REFRESHアクセスポイント情報のスキャン更新間隔③のアクセスポイント情報をスキャンする間隔を指定します。<Wipry5xのみ選択可能。Wipry-proは2分間隔固定>
ACCESS POINT UTILIZATIONアクセスポイント利用率一覧表示アクセスポイントごとに同一周波数干渉(混信)の度合い(利用率)の一覧を表示します。
NONE, RAW,DECAY, AVERAGE, MAX HOLD, MIN HOLD, HEAT MAPREAL WAVE:スペクトラムグラフの表示設定縦軸が電波強度の表示方法をNONE, RAW,DECAY, AVERAGE, MAX HOLD, MIN HOLD, HEAT MAPから3つ選択します。
NONE: 指定なし、RAW: 現在値の表示、AVERAGE:単位時間あたりの平均値の表示、DECAY:時間とともに減少する表示、MAX HOLD:最大値の表示、MIN HOLD:最小値の表示、HEAT MAP:連続性を色で表示します。
CLEAR WAVEFORMグラフのクリアグラフをクリア(初期化)します。
HOLD、DECAYDECAY動作設定DECAYは時間毎に消える表示です。HOLDで表示から消えるまでの時間、DECAYで消える単位(dBm単位)を指定します。
AVERAGEAVERAGE動作設定平均する時間幅を指定します。
INT. ATTEN内部アンテナの利得内部アンテナの利得を指定します。(将来機能であり、選択できません)
EXT. ATTEN外部アンテナの利得外部アンテナの利得を指定します。

 

By