2.1.1 ② 表示情報設定 メニュー

>

表示情報設定 メニューは表示するグラフやリストの種類(REAL WAVE:スペクトラムグラフ、ウォータフォールグラフ、アクセスポイント利用率一覧、等)の選択、表示方法の選択を行います。Wipry5xでは計測周波数帯、アクセスポイント情報スキャンの更新間隔など指定ができます。

Wipry表示情報設定メニュー

項番 menu メニュー名 内容 備考
FREQUENCY 計測周波数選択 2.4GHz/5GHzを選択します。<Wipry5xのみ選択可能。Wipry-proは2.4GHz固定>
MODE グラフ種別選択 REAL WAVE:スペクトラムグラフ
 周波数別の信号レベルを表示するグラフ。
 横軸が周波数、縦軸が電波強度を示し、電波強度の分布を表します 。
WATERFALL:ウォータフォールグラフ
 周波数別の信号レベルを時系列に並べたグラフ。
 横軸が周波数、縦軸が時間を示します。
 電波強度は色で表します。
SSID アクセスポイント表示選択 アクセスポイントの情報をグラフに表示/非表示を選択します。アクセスポイントの情報は、SSID、周波数チャネルと占有周波数帯幅です。TABLEを選択すると、アクセスポイント一覧を表示します。
REFRESH アクセスポイント情報のスキャン更新間隔 ③のアクセスポイント情報をスキャンする間隔を指定します。<Wipry5xのみ選択可能。Wipry-proは2分間隔固定>
ACCESS POINT UTILIZATION アクセスポイント利用率一覧表示 アクセスポイントごとに同一周波数干渉(混信)の度合い(利用率)の一覧を表示します。
NONE, RAW,DECAY, AVERAGE, MAX HOLD, MIN HOLD, HEAT MAP REAL WAVE:スペクトラムグラフの表示設定 縦軸が電波強度の表示方法をNONE, RAW,DECAY, AVERAGE, MAX HOLD, MIN HOLD, HEAT MAPから3つ選択します。
NONE: 指定なし、RAW: 現在値の表示、AVERAGE:単位時間あたりの平均値の表示、DECAY:時間とともに減少する表示、MAX HOLD:最大値の表示、MIN HOLD:最小値の表示、HEAT MAP:連続性を色で表示します。
CLEAR WAVEFORM グラフのクリア グラフをクリア(初期化)します。
HOLD、DECAY DECAY動作設定 DECAYは時間毎に消える表示です。HOLDで表示から消えるまでの時間、DECAYで消える単位(dBm単位)を指定します。
AVERAGE AVERAGE動作設定 平均する時間幅を指定します。
INT. ATTEN 内部アンテナの利得 内部アンテナの利得を指定します。(将来機能であり、選択できません)
EXT. ATTEN 外部アンテナの利得 外部アンテナの利得を指定します。

 

By